クトゥルフ神話

クトゥルフ神話(クトゥルフしんわ、Cthulhu Mythos)とは、ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの描いた小説世界をもとに、ラヴクラフトの友人である作家クラーク・アシュトン・スミス、ロバート・ブロック、R・E・ハワード、オーガスト・ダーレス等の間で、架空の神々や地名や書物等の固有の名称の貸し借りによって作り上げられた、架空の神話体系のこと。「神話」という単語が使われているが、本物の神話ではないため注意が必要である。

日本公演チケット情報

    この神話体系で用いられた固有の名称は、後の作家たちにも引き継がれているが、名称に伴う設定については各作家の自主性に任され、たとえばコリン・ウィルソンの『精神寄生体』や『賢者の石』では、本神話大系の名称にも使用されている邪神クトゥルー自体はあくまでもラヴクラフトの創作上の存在とされており、この辺りが世界観の共有を必要とするシェアード・ワールドとは異なっている。

    邪神の名前である「Cthulhu」は、本来人間には発音不能な音を表記したものであり、クトゥルフやクトゥルーなどはあくまで便宜上の読みとされているため、クトゥルー神話ク・リトル・リトル神話クルウルウ神話とも呼ばれる。ラヴクラフトから彼の遺著管理者に指名されたロバート・バーロウによると、ラヴクラフト自身はKoot-u-lewと発音していたそうである。またラヴクラフトの書簡には、発音方法が記されたものがある。それによると『Cluh-luhのように音節を分け、舌の先を口蓋にしっかりとつけたまま、唸るように吠えるように、あるいは咳をするようにその音節を出せばいい』と書かれている。1974年出版のラヴクラフト全集を訳した大西尹明はクトゥルフと表記した理由を「発音されると考えられる許容範囲内で、その最も不自然かつ詰屈たる発音を選んだがため」としている。なお、ラヴクラフトの作品中で明確に「人間には発音不可能」とされているのは、「Cthulhu」と「R'lyeh」のみである。

    太古に地球を支配していたが現在は地上から姿を消している、強大な力を持つ恐るべき異形のものども(旧支配者)が現代に蘇るというモチーフを主体とする。中でも、旧支配者の一柱であり、彼らの司祭役を務めているともされる、太平洋の底で眠っているという、タコやイカに似た頭部を持つ軟体動物を巨人にしたようなクトゥルフは有名である。

    ラヴクラフトは自身の作品群や世界観について、1928年に「アーカム・サイクル(アーカム物語群)」と呼んだ後、1930年頃に「クトゥルフその他の神話(Cthulhu & other myth)……戯れに地球上の生物を創造したネクロノミコン中の宇宙的存在にまつわる神話」と書いている。この他にも、ラヴクラフトの死の直後にスミスからダーレスに宛てた書簡の中で、ラヴクラフトの作品群の総称として「クトゥルフ神話(the Cthulhu mythology)」を用いているので、1930年代においてラヴクラフトとその友人たちの間で、「クトゥルフ神話」という用語が定着していたのだろうと考えられている[要高次出典]。

    ただし、このあたりの事情が明らかになってきたのはここ20年[いつから?]ほどのことで[要出典]、「クトゥルフ神話」という語は長らくダーレスの考案とされてきた。そのため、「クトゥルフ神話」はダーレスが独自の見解を加え体系化した後の呼称として、ラヴクラフトの作品群やその世界観を指す「原神話」や「ラヴクラフト神話(Lovecraft Mythos)」と区別する意味で、「ダーレス神話(Derleth Mythos)」と呼ばれることもあった。特にダーレスによって持ち込まれたとされている、「旧神」「旧支配者」という善悪二元論的な対立関係に否定的な立場の読者はこの両者を明確に区別しているが、近年、ラヴクラフトがダーレスの「旧神」設定を自作に取り込んだ形跡が指摘されてもいる。

    恐怖の源泉

    クトゥルフ神話は多数かつ多様な作品によって構成されており、その源泉を単純に述べることは困難だが、創始者とされるラヴクラフトは、自らが理想とするホラー小説について宇宙的恐怖コズミック・ホラー)という概念を提唱している。これは無機質で広漠な宇宙においては人類の価値観や希望には何の価値もなく、ただ意志疎通も理解も拒まれる絶対的他者の恐怖に晒されているのだという不安と孤独感をホラー小説に取り込んだもので、吸血鬼や幽霊など人間の情念に基づいた恐怖を排除する傾向、宇宙空間や他次元などの現代的な外世界を取り上げるなどの要素がある。ただし、ラヴクラフトの宇宙的恐怖にまつわる言説については時折変化があり、気に入ったフレーズとして場当たり的に用いていた可能性もある。また、ラヴクラフトの全ての作品が宇宙的恐怖を描いていたわけでもなく、「クトゥルフ神話」を宇宙的恐怖という言葉との関係を強調したのはむしろ、ラヴクラフトの作品を単行本化したオーガスト・ダーレスだろう。また、ヒロイック・ファンタジーの文脈を取り入れたロバート・E・ハワード、善悪二元論的な作品を描いたオーガスト・ダーレスやブライアン・ラムレイを始めとして、宇宙的恐怖以外のテーマを持つ作品も多く存在する。

    従来、ラヴクラフトがクトゥルフ神話に描いた恐怖は、彼自身の恐怖感に由来していると考えられてきた。彼の作品には、自身の家系から来る遺伝的な狂気への恐怖、退行、悪夢などいくつかの共通したモチーフが見られる。また、ラヴクラフトは海産物に対して病的な恐怖を抱いていたことが、クトゥルフなどの造型に関係しているのだと見なす向きもあった。しかしながら、これらのテーマはモチーフはラヴクラフトの同時代のパルプ小説に多々見られたものであり、ラヴクラフトの伝記的な研究が進んだ結果、ラヴクラフトは多くの場合、そうした先行作品に倣っただけなのだろうと現在では考えられている[誰?]。

    さらに、ラヴクラフトが東洋人・ポーランド人・黒人などのマイノリティに対して恐怖感と嫌悪感を持っていたことも知られている。多くの人種の平等を唱えながら、ネグロイドとオーストラロイドだけは生物学的に劣っているとして、この二者に対して明確な線引きが必要だと主張した。当時としては問題にはならないが、現代であれば人種差別主義と言えるほどの偏見であり、これはそのまま『クトゥルフの呼び声』や『ダンウィッチの怪』での、人間と人ならざるものとの混血といったモチーフに結びついている。

    また、ニューヨークに象徴される現代アメリカ文化に対する嫌悪感も強く描写されており、ラヴクラフトの恐怖と嫌悪は人種云々以前に現実全般(己自身をも含む)に及んでいたものと思われる。

    関連ニュース

      日本でのクトゥルフ神話

      日本でのクトゥルフ神話の始まりは、少なくとも1956年において、早川書房のアンソロジー『幻想と怪奇2』に「ダンウィッチの怪」の収録が確認されている。ラヴクラフトやクトゥルフ神話が広く知れ渡ったのは、1972年のSFマガジン9月臨時増刊号で、クトゥルフ神話が初めて特集されたこと。翌1972年の専門誌『幻想と怪奇』第4号で「ラヴクラフト=CTHULHU神話」と題され特集されたことから、1970年代頃から注目されていると推定できる。

      初めは翻訳作品だけだったが、1980年代には日本の小説家によるクトゥルフ神話作品が書かれるようになる。紹介された時期がアメリカで作品の書かれた頃よりずっと後だったせいか、ダーレスによるクトゥルフ神話よりはラヴクラフト作品に近づける傾向が強い。中には、栗本薫の『魔界水滸伝』のようにラヴクラフトからも離れた独自解釈を行った作品も見られる。

      また1990年代後半の18禁PCゲームの隆盛の中においてはホラーモノの定番のモチーフの一つとして用いられ、度々クトゥルフ神話及びその独自解釈、はてはパロディー等の要素を持つ数々の作品が生まれた。そうした流れを受けて今日においてはライトノベルや漫画でも同じくそうした作品が度々作られたことで、クトゥルフ神話自体の認知度も高まっている。

      ファンサイト| ネイル 横浜